本のご紹介

机の上の仙人──机上庵志異

佐藤さとる 著 岡本順 画

本体1,400円(税別)
上製本/216頁/四六判
ISBN978-4-902257-29-8

童話作家の机の上に、突如あらわれた一軒の小さな家。
主は、およそ二寸(約六センチ)余りの小さな仙人──名は、机上庵方寸。
机上庵先生が語るのは、奇妙奇天烈、摩訶不思議な話の数々……。
はたして、机上庵方寸とは何者だろうか──。

中国の奇譚集『聊斎志異』をもとに、「コロボックル物語」の作家・佐藤さとるが描く、机上のファンタジー。(中学生から)

 

●著者紹介

佐藤さとる(さとう さとる)
1928年、神奈川県生まれ。『だれも知らない小さな国』刊行以来、ファンタジー文学の第一人者として活躍。59年、『だれも知らない小さな国』(講談社)で毎日出版文化賞、66年、『おばあさんのひこうき』(小峰書店)で野間児童文芸賞、88年、一連の創作活動に対し巌谷小波文芸賞、2005年、第54回神奈川文化賞、07年、『本朝奇談天狗童子』(あかね書房)で赤い鳥文学賞を受賞。「コロボックル」シリーズ(講談社)「赤んぼ大将」シリーズ(あかね書房)「佐藤さとる幼年童話自選集」『宇宙からきたかんづめ』(以上、ゴブリン書房)など著書多数。
ホームページ http://www.k-akatsuki.jp/

岡本 順(おかもと じゅん)
1962年、愛知県生まれ。2012年、『きつね、きつね、きつねがとおる』(伊藤 遊 文 ポプラ社)で第17回日本絵本賞を受賞。絵本に『ふっくらふしぎなおくりもの』(佐藤さとる 文)『ぼくのくるま』(以上、ポプラ社)『ポール』(佼成出版社)、挿絵に『狛犬の佐助』(伊藤 遊 作 ポプラ社)「佐藤さとる幼年童話自選集」『宇宙からきたかんづめ』(以上、ゴブリン書房)など多数。