本のご紹介

森のイスくん

森のイスくん

石井聖岳 作

本体1,400円(税別)
上製本/32頁/254×210mm
ISBN978-4-902257-11-3

ふかいふかい森のおくに、イスがひとつありました。
いつからここにあるのか、だれもしりません。
ちょっぴり不思議なイスくんと、森の友だちの物語。(3才から)

 

「どこから来たの?」と聞かれても、「くふふ」と笑うだけで答えてくれないイスくん。そういえば僕にも、イスくんのように友だちのなかで「くふふ」と笑っているだけで、うれしかった時があったような気がします。
イスくんは子どもの頃の僕でしょうか?
「ねえ、イスくん。イスくんはどこから来たの?」僕がそう聞いても、やっぱりイスくんは「くふふ」と笑うだけでしょう。でもそんなイスくんが、僕はとても気になるのです。
(本書帯掲載)

●著者紹介

石井聖岳(いしい きよたか)
1976年、静岡県生まれ。絵本に『つれたつれた』(内田麟太郎 文 解放出版社)、『電信柱と妙な男』(小川未明 文 架空社)、『おばけこわくないぞ!』(石津ちひろ 文 あかね書房)、『ふってきました』(もとしたいづみ 文 講談社)、『ぷしゅー』(風木一人 文 岩崎書店)、『もうすぐここにいえがたちます』(ほるぷ出版)、『いもほりきょうだいホーリーとホーレー』(農文協)、『ぷかぷか』(ゴブリン書房)などがある。
ホームページ http://www.ishikoro.jp/