本のご紹介

まよなかさん

早川純子 作

本体1,400円(税別)
上製本/32頁/254×210mm
ISBN978-4-902257-05-2

まよなかさんは、夜中のコーヒー屋さん。満月の夜、はりきって配達に出かけましたが、不思議なお客さんたちに次々呼びとめられてしまい……。
子どもたちの憧れ《夜とコーヒー》を独特のユーモアで描く、個性派絵本。早川純子ワールドへ、
ようこそ!(4才から)

 

●著者紹介

早川純子(はやかわ じゅんこ
1970年、東京都生まれ。97年、多摩美術大学大学院修了。96年、プリンツ21版画グランプリ展大賞受賞。挿画に『物語の作り方 ガルシア=マルケスのシナリオ教室』(G.ガルシア=マルケス 著 岩波書店)、『憑かれた旅人』(バリー・ユアグロー 著 新潮社)、絵本に『しんじなくてもいいけれど』(内田麟太郎 文 ビリケン出版)、『不眠症』(パロル舎)、『家缶』(ほるぷ出版)などがある。
ホームページ http://www.umiusi.net/antler/index.html

●読者からの声

トンガリさんが牛乳を持ってやって来る夕焼けの空のページから、あっという間に
『まよなかさん』の世界に引き込まれました。(32才 女性)
読み終わってからの孫の一言。「この本の続き、読める?」(59才 男性)